トップ / 学校にくる苦情への対応

学校のカウンセラー情報

学校の苦情対応などが多いわけ 

子供を持つ親であれば、子供の安全や安心を心からそう願うものなのでしょう。学校側もそれを踏まえた上できちんと理解して、できる限りの努力を日々積み重ねて対応しているのです。しかし、学校側も全ての子供に全て同じだけ観るということはとても難しいことが現状なのです。そんなこととは裏腹に、そんな気持ちをわかっていながらも苦情を出す親、俗に言うモンスターペアレントというのが増えてきているのも事実なのです。私の考えからすれば苦情を出す親には反対はしません。しかし、一生懸命に取り組んでいる先生方もいるということなのです。だからこそ、本当に悪いと判断できたときに言うべきではないのでしょうか?

苦情対応の先生は大変です 

昔に比べて保護者は、先生や学校と対等に話をするようになってきています。全員がモンスターペアレントというわけではありませんが、意見する保護者が増えています。保護者からの意見は当然生徒、自分の子供に関することですので、対応を担任の先生がする場合が多くなります。中には学校に対して理不尽な苦情を言う保護者もいますので、対応する先生は大変です。昔よりも保護者の学歴が上がって、先生を甘く見ている保護者が多くなってきたことも一因です。生徒の人権も大切ですが、しかるときにはしっかりとしからないと、子供がだめになって行きます。

学校カウンセラー