トップ / 家庭教師で苦手科目を克服

学校のカウンセラー情報

大きな味方になる家庭教師 

家庭教師をつけるのはいつがいいと思いますか。高校の頃でいいと思っているなら、意外に遅いのをご存知でしょうか。今は、小学校の低学年から家庭教師を利用している家庭がたくさんあります。格差社会といわれる現代、勉強にも格差が生じています。あまりお金がなくても、子供の勉強はしっかりと身につけさせたいという教育熱心な親御さんがたくさんいます。将来を思った親心です。期待のしすぎは子供に負担を感じさせますが、多少の期待は、子供の成長を促します。期待に応えられるように子供も努力します。