トップ / 高齢化社会と理学療法士

学校のカウンセラー情報

寝たきりになった時には理学療法士を頼ろう 

高齢化社会が進むと、思うように歩くことが出来ない寝たきりの高齢者が増えてきます。そのままだと体が動かないことで、筋肉などに影響が出てしまうため、リハビリが必要です。そんな時には理学療法士の知恵を借りることで、現状維持あるいは歩くまでに回復することが出来ます。どのような事をするのかというと、歩く訓練などをする運動療法、マッサージや温熱療法を行う物理療法、日常生活で必要な動作の訓練を行うADL訓練などです。